株から不動産

■■株から不動産へお金がシフトしてますね。

日経平均の上昇が一段落して、

不動産投資にそのお金が流れてきているようです。

投資用不動産サイトを運営するファーストロジックによると、

8月の平均物件価格は

東京が1410万円で前年比6%増となり、

大阪は1009万円でなんと前年比で30%と大幅増となりました。

また、

ファーストロジックに新たに登録した新規登録者数も

8月は1021人となり、

「前年比で約2倍」

の新規登録者数となっている事から見ても、

不動産投資への注目度がまた上がっている事が伺えます。

ちなみに、

私が不動産投資を行う上での最大のメリットは、

「何もしないで給料以上の収入が得られる」

という事だと思います。

もちろん、

完璧に何もしないでというと嘘になりますが、

私が所有している物件に関していうと、

ここ半年で私自身が行った作業としては、

「自社管理物件の切れた電球の交換一回だけ」

です。

それで、

「毎月70万円の家賃収入」が得られるので、

本当に割りのいい投資だと思います。

もちろん、

そこから管理をお願いしている物件の管理費や、

ローンの支払いや経費など色々引かれるので、

丸々その金額が手に入る訳ではないですが、

それでも電球交換一回の交換作業に比べての報酬としては、

「かなり費用対効果が高い」と思います。

ちなみに、

この電球交換の作業も、

「管理会社と契約して外部委託」

を行った場合、

「何もしないで給料以上の収入が得られる」

という仕組みを作りだせます。

特に、

不動産投資はサラリーマンをしている人にとっては、

サラリーマンという属性が有利に使える投資法なので、

このメリットはホント使うべきだと思います。

日本の年金制度に関しても、

あと100年維持させる為には、

「定年を今後73歳にしないと維持できない」

と言われているので、

私たちが老後を迎える頃には、

定年が73歳まで延長されている可能性は充分あります。

65歳まででもかなり長い日々ですが、

それがあと8年延びるというのは厳しすぎますよね。。

もちろん、

73歳まで働き続ける覚悟がある人や仕事が好きな人は

そのままサラリーマンだけを続けるのもアリだと思いますが、

どちらにしても、

「いつやめても生活に困る事がない仕組み」

を作っておく事には損はないと思います。

ちなみに、

私が28歳で月家賃70万、資産8000万を築いた方法は、

私のDVD商材で全て公開してますので、

そちらもチェックしてみて下さいね。